メキャベツ

 

メキャベツは別名「子持ち甘藍」と呼ばれ縁起物としても重宝されます。

様々なビタミンが多く含まれ、キャベツよりもビタミンCビタミンKβカロテンなどが多く含まれています。またがん予防に効果があるとされるルテインを多く含んでいることも特徴であります。

 

全国生産量の9割を静岡県で生産している、知る人ぞ知る静岡県の特産品でもあります。

 

ソラーレでは、2017年度より約35aの面積で約7,000株を栽培しております。

定植~土寄せ等管理から一つ一つを手でもぎ取る作業まで、大変ではありますが、品質の良い作物を収穫できるように努めております。

安定した苗の管理

 白遮光ネット+完全防虫ネット完備の優良ハウスの苗場で、定植までの期間徹底管理をしました。

鉢上げ作業

トレーで入荷している苗はまだ小さく、より穴の大きいトレーに移植作業することで、根張りを良くさせ、定植時に活着を促進します。これが、7,000株となると一苦労ですが、すべて手作業で行います。

定植

これも一つ一つ手作業になりますが、間隔をとり、しっかり植え付けていきます。

植え付け完了した圃場の様子(20a)千鳥植え付けの為、歩いて移動するといろんな形に見えます。

土寄せ

強風で株が曲がらないように土寄せしていきます。 しっかりと土を寄せるのがポイントです。

収穫作業

植え付け後、約4ヵ月で収穫時期になります。一つ一つを手でもぎっていく収穫作業になります。

メキャベツの料理例紹介

様々な料理に活躍します

茹でメキャベツ

メキャベツの天ぷら

メキャベツ入り味噌汁